リサイクルシステム 外観と大きさ



外観と大きさ

現在、弊社内で稼働中のシステムの外観は上記の写真のようになっています。発砲スチロール・野菜くず、廃食用油をそれぞれの投入口から投入することになります。弊社内では横長の設置をしておりますが、上記右図のように配置することで、4m×4m×2mのスペースに設置することが可能です。

<< 前のページに戻る

SIDE MENU

よくある質問

お知らせ


2017年5月:長崎県対馬市で稼働中の漂着発泡スチロール油化装置の定期整備を実施。
上記写真をクリックすると詳細が見られます

関連リンク


■主な研究開発


 関連事業     


■当社の関連事業