理念

地球環境にやさしい産業廃棄物事業を目指す『サンライフ株式会社』
昭和59年創業以来『環境にやさしく』をテーマに廃棄物の収集運搬や処理業を通じて
秦野市を中心に地域密着型の企業として日夜チャレンジしています。
また、日々の営業に関連ある廃棄物処理の中から環境に負荷するものを出来るだけ少なくするよう、3R(リデュ―ス、リユース、リサイクル)の精神にのっとり研究開発に取り組んでいます


・廃棄物処理
地域密着で廃棄物の運搬や発泡スチロールの処理を行っています。
秦野・湘南地区の商店・工場の経営者・管理者の
皆さんのゴミに関する困りごとをまとめて解決いたします。
         

・リサイクルシステム(IWDS)
発泡スチロール・野菜くず・廃食用油をまとめて処理するシステムです。
システム稼働のための電力や稼働燃料はシステム内で作り出されます。
また、処理にともなう排熱も野菜くずの乾燥に使われます。
つまり、経済的(電気代ゼロ!)でCO2削減にもつながる環境にやさしい処理システムです。

 

更新情報・お知らせ


2017/05  
長崎県対馬市設置の漂着発泡スチロール油化装置の定期点検・整備を実施  装置の分解・再組立ての写真等を掲載しました
2011/09
宝の島 プロジェクト 離島キャラバン隊 公開実験 IN奄美大島

2011/08
缶詰技術研究会「食品と容器」誌に紹介されました

2011/07
漂着ゴミを地域資源へ 宝の島プロジェクト 喜界島  2011年7月24日 南海日日新聞
2010/11
世界初 移動型装置公開 鳩間島エコまつり 2010年11月4日八重山毎日新聞
2010/08
ホームページリニューアル
2009/10
漂着ゴミの処分に関する取り組みを始めました。
2009/09
第61回秦野たばこ祭で廃食用油を再利用した燃料で発電機を動かし、FM湘南のミニスタジオの電源を供給しました
2008/08
弊社で研究開発を進めているリサイクルシステム(IWDS)が2008年5月13日の東京新聞中日新聞で取り上げられました。

MENU

よくある質問

お知らせ


・2017年5月:長崎県対馬市で稼働中の漂着発泡スチロール
   油化装置の定期整備を実施。

上記写真をクリックすると詳細が見られます

関連リンク


■主な研究開発


 関連事業     


■当社の関連事業